美容のプロが伝授!30代女子必須のシミ対策スキンケア&インナーケア

美容のプロが伝授!30代女子必須のシミ対策スキンケア&インナーケア

こんにちは! 漢方美容家 入江円香です。(最新のお知らせ

 

  • 30代になってからシミが濃くなった!
  • シミを薄くするには何をしたらいいの?
  • シミにいいスキンケアや化粧品ってどれー?

こんなことで悩んでいませんか?

 

シミのご相談って、30代に入ってから増えてくる傾向にありますが

シミ対策にまつわる情報がたくさんあり過ぎて、化粧品やスキンケアなど

どれを選んだらいいかわからないという声もたくさん聞いてきました。

 

良かれと思って取り入れたことで逆にシミが濃くなってしまったり

せっかくやったシミ対策は全く意味がなかったり・・ってことがないように

 

このブログでは、20年の美容キャリアで知り得た

  • 30代女子、シミを作らせないための「予防」で必要なこと
  • できたシミに必要なスキンケアや美容医療
  • シミ対策に必要なインナーケア

 

をお伝えします !

 

この記事を読み終えると

  • 30代女子がシミ予防でやるべきこと
  • 失敗しないシミ対策
  • 身体の中からシミができないようにする方法

がわかるようになるので、今日から早速シミ対策がバッチリできるようになりますよ!

 

アラフォーであるわたし自身も、ついに本気のシミ対策を始めたので、実体験もレポします!

 

30代シミを予防するために知るべきシミの原因

30代女子シミ対策スキンケアインナーケア

 

シミを予防するためには、シミができる原因を知らなければ正しく手を打つことができません。

madoka
madoka
またせっかくのシミ対策が逆効果にならないように、シミができる原因を知っておきましょう!

 

紫外線

 

シミができる一番の原因は、やはり紫外線です。

 

紫外線を浴びる

シミの元のメラニンが生成される

本来は老廃物として排泄されるものだけど

代謝低下や老化などの影響で排出できず、肌に残ってシミとなる

 

だから、紫外線から肌を守るために日焼け止めや日傘などのアイテムを使うことが必要となります。

 

日焼け止めについては後述しますが、日傘は外が白い方が光を反射させるので紫外線対策になります!


 

スキンケアで肌をこすり過ぎ

 

  • 汚れが気になるからとクレンジングをするときに強めに肌を触っている
  • 顔を洗うときに泡が少なくて肌を擦るように洗ってします
  • 化粧水やクリームをつけるときに強く肌を触っている

 

など、いつものスキンケアをしているときに

つい肌をこすってしまうのは、摩擦によるダメージで色素沈着しやすくシミになってしまいます。

 

ここでできるシミは、炎症性のシミとなることがほとんどで、ニキビ跡や傷跡も同じ部類に入ります。

 

madoka
madoka
肌を触るときは、こすらず優しくが基本ですね!

 

ストレス

 

意外な理由なのが、ストレスでシミができてしまうということ。

 

ストレスを感じる

活性酸素が大量発生する

肌内部で炎症が起こりやすくなり、メラニンが作られる

肌が酸化してしまい、シミが濃くなる

 

madoka
madoka
活性酸素は人間呼吸をしている限り誰でもあるけれど、ストレス状態が長いとシミになりやすいってことですね!

 

 

老化

 

人間生きていれば、誰もが平等に歳を重ねていきますが老化のスピードは個人差があります。

それはその人の生活習慣であったり、体質の影響が関係しています。

 

madoka
madoka
そのためのこのブログでは、インナーケアについても解説していきます。

 

老化が原因でできるシミの種類として

  • 老人性色素斑(頬の高いところなどに小さいシミや大きいシミができる)
  • 肝斑(かんぱん/老化以外に東洋医学の捉え方だと「肝」が弱っている影響とされるボワんとはっきりしない感じのシミ)

 

肝斑は、一般的なシミ対策だと濃くなってしまうこともあります。

後述しますが、美容皮膚科での治療や内服薬を活用するケースを選択することも一つです。

 

madoka
madoka
ここまでをまとめると、シミになる要因を増やさないことが重要だということです!

 

シミの原因を作らないための重要なポイントをまとめると・・

  • 紫外線から肌を守る
  • 肌を擦るようなスキンケアをしない
  • ストレスは早めにリセット
  • エイジング対策をする

 

 

30代女子のシミ対策スキンケア

 

30代女子シミ対策スキンケアインナーケア

 

30代女子のシミ対策スキンケアで目指すところは

根本からシミができにくい土台を作ること

そしてそれをサポートするのが日々のスキンケアだと、わたしは認識しています。

 

シミは肌の表面だけにできているように見えますが、結構根深いものなので

肌そのものに代謝力があるかどうかは、ターンオーバーと言われる肌の生まれ変わりに関係し

シミの元になるメラニンを排泄させられるかにも影響するからです。

 

madoka
madoka
30代女子が気になる、できたシミとシミ予防、両方に関わっているよ!

 

そこでわたしが目をつけているのが、炭酸

炭酸を使うことで、血流量が増え肌の代謝に必要な栄養素が巡りやすくなる効果があります。

 

ニセ炭酸コスメが多い中、高濃度の炭酸濃度がある実力派コスメはフロムCO2

使うだけで血行が良くなり、肌のくすみもスッキリしますので、みんなにオススメしています。

 



 

この炭酸コスメを使い始めてから、肌のキメが細かくなってくすみにくくなりました!

毛穴・くすみも気になるなら、イチオシですよ!

 

 

注意!美白コスメの選び方

 

スキンケアだけで、今あるシミが綺麗さっぱり消えることはありません。

たとえ美白コスメであっても、シミの予防を目的に作られていたり、徐々に薄くしていくイメージです。

 

30代の女子はシミ対策として、美白コスメを使う方も多いと思いますが

美白コスメと書いてあれば、全てのコスメに肌を白くする効果があるわけではありません。

 

madoka
madoka
「シミを消す」「シミをなくす」これらの表現は国のルールで使っちゃいけないんだよ!

この表現をして売っているものに手を出すのはやめよう!

 

肌を白くする成分が認められたものが入っているコスメは、医薬部外品として売られています。

敏感肌の人には、肌が乾燥しやすくなるなど作用が強く感じられるものもありますので、購入時にご確認くださいね。

 

 

 

ちなみに、ニベアがシミ対策になる!と話題になっているようですが、個人的には全くオススメしてません。

詳しくはこちらのブログをご覧ください!

 

 

要確認!日焼け止めは置き塗りと重ねづけがポイント!

 

紫外線から肌を守るために日焼け止めを使っている方は多いと思いますが

実は、正しく使えている人はごく少数なのです。

 

  • 白く残るのが気になるから薄く伸ばす
  • SPF50の日焼け止めを使っているから、朝塗れば大丈夫

実はこの塗り方だと、日焼け止め効果が得られていない可能性が大です。

 

▽塗り方を写真付きで解説!併せてご覧下さい

 

 

美容家オススメは安心できる日焼け止め「アコレル」

 

また昨今、環境問題の一つとして話題になっている日焼け止め。

ハワイではサンゴ礁が傷ついてしまうという理由で、2021年から日焼け止め販売の規制が始まります。

 

NG→オキシベンゾン・オクチノキサートが入っている紫外線吸収剤の日焼け止め(コパトーンやアネッサ)

 

こういった日焼け止めは、白浮きせずに使いやすいからと人気傾向があります

敏感肌の方には負担となりやすいため、自分の肌状態や、お出かけスポットなどに応じて選びたいですね。

 

安心して使える美容家オススメの日焼け止めは、オーガニックコスメブランドのアコレルです。

 

  • 石鹸で落ちる
  • 肌に負担になる成分を使っていない
  • エコサートなどのオーガニック認定取得

 




madoka
madoka
メーカーさんから直接説明を聞き、納得した上でわたしも個人的に愛用しています!

 

ここまでのポイントをまとめると・・

  • 効果的なスキンケアを取り入れて、日々コツコツやろう
  • 美白コスメは肌状態に応じて活用しよう
  • 日焼け止めを正しく使おう

 

実録!シミ対策美容医療

30代女子シミ対策スキンケアインナーケア

 

10代の頃、日焼けサロンに行ってまでガンガン焼いていたわたしでしたが

18歳で美容業界に入り、シミの恐ろしさを勉強して以来、ずっとスキンケアを丁寧にやってきたおかげで

アラフォーになるまで目立つシミができずにやってこれましたが

 

いよいよ薄くて細かいシミが出現し、これ以上増やすまい!と

普段のスキンケアにプラスして、本気のシミ対策をスタートしました。

 

美容皮膚科でやったこと
  • ピコレーザーを定期的に受ける(コロナでお休み中)
  • 肝斑対策でトラネキサム酸の内服

 

ピコレーザーは、メラニンを減らす治療法で、痛みはありませんがバチバチと皮膚が焼けたような匂いがします。

 

トラネキサム酸は、肝斑を薄くする成分が入った医薬品です。

 

ハイドロキノンという、漂白成分が入ったクリームを処方してもらうこともありますが

肌によっては赤みやひりつきが出やすいので、よく確認するといいです(わたしは使っていません)

 

 

ただ、重要なことは

美容医療を受けているからといって、日頃のスキンケアや紫外線対策を手抜きしないこと。

 

美容医療だけに頼ってスキンケアを雑にやっている人が、一時的にシミが薄くなったとしても、同じところに繰り返しシミができる様子をたくさん見てきました。

やはり、日頃の積み重ねが重要!

 

 

悲惨!美容皮膚科で逆にシミができた話

 

シミ対策のために、結構なお金を費やして美容皮膚科に行ったものの・・

施術してくれた看護師さんの手元が狂って、レーザー機械が肌に落ちてくるということがありました!

 

本来はレーザー部分が肌に直接当たってもシミにならないそうですが

わたしの場合は傷ができて、カサブタからのシミになってしまいました。泣

 

色素沈着のシミは、紫外線対策とスキンケアをきちんとすることで徐々に良くなっていくことがわかっていたので

クリニック側から対応含め謝罪してもらったのみで、セルフケアでコツコツ取り組んでいます。

 

madoka
madoka
美容皮膚科は値段だけでなく、クオリティで選ぶべき!

 

シミ対策のインナーケア

意外に知られていないことですが、漢方理論では

血がドロドロしているとシミができやすいという考えがあります。

 

その状態を瘀血(おけつ)といい、メラニンが排泄できにくい状態故にシミになりやすいと捉えます。

 

  • 生理の時、経血がドロッとしている
  • 脂っこいもの・甘いものが大好き
  • 末端の冷えが気になる
  • こめかみやおでこに青筋が立ちやすい
  • 冷え性

 

もし、上記に当てはまるのであれば、血を整えるためインナーケアも必要となります。

それが40代以降のシミの量に影響してきますよ!

 

ぜひこちらのブログもチェックして、今すぐ始めましょう!

 

 

30代女子に必要なシミ対策まとめ

 

最後に、30代女子が必要なシミ対策をまとめますと・・・

 

  • シミができる要因を増やさない(紫外線・肌をこすらない・ストレス)
  • スキンケアをコツコツ丁寧に
  • 肌に負担にならない日焼け止めを使い、正しい使い方をしよう
  • 早くシミを取りたいなら、美容医療はきちんと選ぼう
  • インナーケアも取り入れ、シミができにくい体質を作ろう

 

日々コツコツシミ対策をすることが、未来の美肌作りにも繋がります。

30代は将来の肌を決める、大事なターニングポイントですから

日々のスキンケアや予防を積極的に取り入れて、シミ対策をしっかりしていきましょう!

 

madoka
madoka
外側・内側、両方のアプローチで、目指せシミのないきれいな肌!

 

美肌つくりと体質改善、とっておきの方法はメルマガで配信中!

美容エステキャリア20年の経験で身につけた

  • 素肌からきれいな肌を作る方法
  • オトナ女子にありがちなカラダの不調整える方法
  • オモテには書けないプライベートウラ話

盛りだくさんの情報をメルマガでお伝えしているので、見た目も内側からもきれいになりたい方はぜひ登録してくださいね!

お名前 
メールアドレス

 

You May Also Like