美肌・温活・リトリートが全部叶う!長野カミツレの里【八寿恵荘】美容家の滞在レポ

美肌・温活・リトリートが全部叶う!長野カミツレの里【八寿恵荘】美容家の滞在レポ

こんにちは! 漢方美容家 入江円香です。(最新のお知らせ

 

12月のある日、長野県の安曇野にある、カミツレの里【八寿恵荘】に美容の師匠と行ってきました!

 

カミツレの里には

  • 有機カモミールを栽培
  • そのカモミールを使った入浴剤やコスメ(華密恋)を作っているカミツレ研究所
  • BIOホテル認証を取得している八寿恵荘

 

と、カモミールをあらゆる角度から堪能できる施設が揃っていて

八寿恵荘には、オーガニック賢者やオーガニックコスメ美容関係者が、こぞって行くという噂は以前から聞いていました。

 

いつか行きたいな!と思い浮かんだ数日後に、美容の師匠からピンポイントで八寿恵荘に行くから一緒にどう?とお誘いをもらって行ったわけですが

1泊2日の滞在の中で、美肌・温活・リトリート(※)が全部叶い、想像以上にとても良い旅になりました。

 

このブログでは備忘録として、八寿恵荘レポを綴ってきます!

美容やオーガニック好きなら必見ですよ♡

 

 

リトリートとは

「日常生活から離れる時間を持つことで、心身をリセットして日常生活を新たに再スタートするための合宿」という意味で使われている言葉です

 

カミツレの里、八寿恵荘とは?

 

八寿恵荘のホームページ

 

一緒に行った美容の師匠と「これは命の洗濯や・・」と思わず話したほど

日常の忙しさ・やることや人の多さなどから一旦距離を置いて、とてもリラックスできるお宿でした。

 

つい流れ作業的になりやすい、お風呂・お食事を丁寧にじっくりと味わったり

つい浅い呼吸になりストレスや疲れが溜まる体を、カモミールや森の木々に囲まれて、芯から緩めたりと、これぞリトリート!

 

 

カモミールの効能がすごい!

 

八寿恵荘でたっぷり堪能できるのは、カモミールというハーブ。

カモミールは昔からたくさんのシーンで活躍してきた歴史があり

ピーターラビットがなかなか寝れない時に、お母さんがカモミールティーを入れてくれて、心地よく眠りにつけるようにしてくれたって話も有名ですね。

 

カモミールにはローマンカモミールとジャーマンカモミールと種類があるのですが

こちらで栽培しているのはジャーマンカモミールのほう。(和名はカミツレと言います)

 

ジャーマンカモミールの効能は

リラックス効果・炎症を鎮める効果・緊張した筋肉を緩める効果が有名ですが

あせもや皮膚トラブルなどを鎮め保湿したり、胃腸を健やかに保つ効果もあります。

 

madoka
madoka
ちなみにカミツレ研究所は、カモミールの花だけではなく茎や葉の部分までトータルで使ってエキスを抽出しているそう!

 

 

わたしが行った12月時点でのカモミール。ここから1メートルぐらいに成長し

小さい白い花を咲かせる6月ごろに収穫するそうです。

八寿恵荘では、カモミールの畑を散歩しながら案内してくれたり、6月には収穫体験でもできるとか!

 

 

八寿恵荘で良かった5つのこと

わたしが行った12月は寒いし、カモミール的にはオフシーズンなので

室内で過ごす時間がほとんどでしたが、お風呂・食事・施設見学・読書などをたっぷり堪能できて

正直1泊じゃ足りないって思うぐらい充実した滞在になりました。

 

 

華密恋の湯

 

なんと言っても、このお宿に多くの方がこぞって来るのは、この華密恋の湯に入るためだという話。

カミツレエキスがかなりたっぷり入ったこちらのお風呂は効能がいっぱいです!

 

あせも・荒れ性・にきび・肩こり・神経痛・冷え性・産前産後の冷え性・腰痛・リウマチ・疲労回復・うちみ・湿疹・しもやけ・ひび・あかぎれ・痔

 

 

 

(伺った話だと、華密恋薬用入浴剤の家庭用で推奨している量の8倍ぐらいの濃さだとか!)

 

わたしは滞在中、4回入りました!とても良かったです。

  • 肌がものすごくしっとり!
  • くすみが抜けてびっくりするほど肌が白く!
  • おかげで夜はぐっすり!朝は気持ちよく起きて日の出を見に行ったほど!
  • 旅から帰ってきても、肌の調子がすこぶる好調!(生理前なのに)

 

madoka
madoka

こんなメリットを自宅でも体感できるならと、カミツレ入浴剤も購入!

 

 

カモミール三昧できるハーブテント

 

カモミールの蒸気を全身で浴びることができるハーブテントも体験しました。

ペーパーショーツ1枚になって、カモミールの蒸気をたっぷり浴びること20分。

気持ちよく汗が出てほっこり温まり、肌もしっとり。

 

 

 

オーガニックコスメ「華密恋」が滞在中使い放題!

 

華密恋は国産カモミールにこだわって作られたコスメブランドで、オーガニックコスメが好きな方から人気があるアイテム。

スキンケア・ボディケア・ヘアケアと一式揃っているので、カモミール三昧できます!

 

madoka
madoka

旅行の時って、こういったアイテムを一式持っていくのが大変だけど、全部揃っているからありがたい!

 

 

美味しい食事

八寿恵荘はお風呂もいいけど、お食事もすごくいいらしい!

ってことを聞いていた食いしん坊なわたしは、密かにご飯も楽しみにしていました。

 

夜ご飯はコース形式で2時間ぐらい時間をかけてじっくりと。

自社農園の採れたて野菜だったり、生育環境にもこだわっている食材を使い丁寧に作られていて

本当にどれもこれも美味しかったです!

 

 

お米はカモミールの残渣(エキス抽出をした後のもの)を肥料にして育てたコシヒカリ。

これをかまどで炊いたご飯があまりにも美味しくて、ご飯3杯食べたほど!

 

(ちなみにこのお米は販売もしていて、わたしもゲットしました)

 

朝はおかゆと3種類のお惣菜を。

体内時計的に朝食に適した8時に食べるおかゆは、消化によく身体も温まります!

 

混ぜている最中

 

 

BIO HOTEL®認証ならではの居心地の良さ

 

八寿恵荘は、日本で初めてBIO HOTEL®認証を取得した施設です。

 

こちらの施設で使っている木材は、アカマツの木だそうで

その木のぬくもりを素肌で感じられるようにと、床暖房を完備していたり

 

ハーブやマクロビ系の本など、好きに読むことができます

 

リネン類も全部オーガニック。

枕カバーの黄色はカモミールで染めているのだそう!

 

 

客室にはテレビがないのですが、だからこそ一緒に行った師匠と会話したり読書したり。

いつもより早めに寝て、しっかりエネルギーチャージ完了!

 

 

カミツレエキスの製造工場を見学できる

 

翌朝チェックアウト前にはカミツレエキスの製造工場を見学して、作る過程やこだわりを直接説明してもらいました。

この場所以外でもカモミールの栽培をしている農家さんがあり、そのカモミールもこの工場に集められ、エキスを作っているそうです。

 

ここで作られたカミツレエキスを入れた華密恋薬用入浴剤は30年前に作られ、今やベストセラー!

このカミツレの里で育ったカモミールで作った入浴剤は特別なパッケージになっていて、この里以外ではあまり出回らないのだそう。

 

限定パッケージ

 

 

 

華密恋アイテム購入リスト

 

華密恋のアイテムはフロントにて購入することができます。

わたしも実際使って良かったアイテムをいくつか購入しました!

 

 

  • ハンドクリーム(テスターを試したら何より手の滑らかさが変わったから!)
  • 薬用入浴剤(華密恋風呂の威力がすごかったから自宅でも!)
  • ヘアシャンプー(泡で出てくるタイプで洗い心地と仕上がりが気に入りました!)

 

 

お部屋で飲んだカモミールティーがあまりにも美味しかったので、こちらも自宅用に購入。

正直カモミールティーってあまり好きではなかったのですが、考えが覆りました笑

 

 

まずは自宅でカモミール三昧したい方へオススメ

 

この入浴剤は絶対買い!リラックス効果がものすごいです。

華密恋(カミツレン) 薬用入浴剤 400mL ボトル 1本 カミツレ研究所【華密恋(カミツレン)】

価格:2,420円
(2020/3/28 14:07時点)
感想(76件)


このハンドクリームのクオリティにびっくりして、まとめ買いしました!

華密恋(カミツレン) ハンドクリーム 30g 【 自然派 ハンドケア カミツレ研究所 】【beautyd19】

価格:1,980円
(2020/3/28 14:08時点)
感想(4件)

飲みやすい濃縮カモミール。

華密恋(カミツレン) ドリンク 50mL×10本 【 自然派 カミツレ飲料 カミツレ研究所 1箱 まとめ買い 】

価格:3,240円
(2020/3/28 14:08時点)
感想(0件)

 

八寿恵荘施設情報

〒399-8604 長野県北安曇郡池田町広津4098(Google MAP

 

カミツレの里へは、東京駅から約180分。

長野駅で乗り換えて、電車に揺られること60分弱でJR明科駅につき

JR明科駅から送迎バスで移動できました(送迎時間は決まっています)

※営業をお休みされるオフシーズンもあるので、確認の上予約なさってくださいね!

 

 

持って行くといいもの

  • 歯磨きセット
  • 寝間着や部屋着
  • (寒い時期は薪割りやお散歩時に)帽子・マフラーなどの防寒具

 

madoka
madoka
次に行くならカモミールの花が咲いた温かい時期にと思っています。

このブログが参考になると嬉しいです!

You May Also Like

Leave a Reply


上の計算式の答えを入力してください