薬に頼りすぎず、セルフケアでカラダを整えよう!基本3か条

薬に頼りすぎず、セルフケアでカラダを整えよう!基本3か条

こんにちは! 漢方美容家 入江円香です。(最新のお知らせ

 

  • 生理が来たら、痛みが出る前に鎮痛剤を飲んでおく
  • そこまで花粉症じゃないけど、ひどくなりたくないから一応薬を飲む
  • 良さそうだから、とりあえず漢方薬を飲み始めた

ってことはありませんか?

 

薬があることで、助かっている方が大勢いる一方

薬には副作用がありますから、必要以上に使いすぎるとカラダが心配です!

 

その昔、わたしも怪我の治療で出された大量の薬をせっせと飲んでいた時期があるのですが

それを見た祖母が「そんなに薬ばっかりに頼っちゃダメだよ」と教えてくれたことがいまでも忘れられず

 

大人になった今、予防医学である東洋医学(漢方理論)を学んだことで

薬に頼らず、日々のライフスタイルやセルフケアでカラダを整えるスタイルになりました。

 

周りの友人・仕事仲間も同じ考えの人が多いので、良くそんな話になるのですが

今日はわたしなりの薬に頼らないカラダを整えるセルフケア論を書き綴ってみたいと思います!

 

カラダを整えるセルフケア3ヶ条

食事・睡眠を疎かにしない

 

薬にすぐ頼る前に、生活を整えることはとても大事なこと。

わたし達の体は食べたもので作られ、寝ることで疲れや痛んだところを修復しているので

食事と睡眠がおざなりになってしまうと、健康体ではなく未病状態(病気の手前)になってしまいがちです。

 

食事と睡眠については、こちらでも詳しく解説しているので、合わせてチェックしてください!

 

 

手軽に使える「食薬」を食事に取り入れる

 

食薬の代表格に、生姜・シナモン(桂皮)・なつめ・山芋がありますが

これは食材と生薬の両方で使用できるものとされています。

 

例えば、冷えが気になる時にはシナモンを紅茶に入れるとか

胃の調子が悪い時にはスープにすりおろした生姜を入れるとか

その時のカラダの状態にあわせてアレンジしやすいのがいいですね^^

 

季節に合わせたライフスタイルを送る

 

春夏秋冬と変化する環境に合わせて、わたし達のカラダも変化しているので

着る服を季節に合わせるのは誰でもやっていることかと思いますが

 

今の社会は24時間営業のお店があったり、ネットがあったりで便利になっていることがある反面

昔は当たり前だった、季節に合わせた過ごし方が忘れられているような印象を受けます。

 

例えば、夏野菜であるキュウリやトマトはスーパーに行けば1年中買えるので

夏野菜がカラダを冷やすことを知らないと、寒い冬でも常用してしまうかもしれないし

 

起きる時間や休息に必要な時間の長さは季節によって変わるけど、仕事や家事があるとそうもいってられない現実もあるかと思います。

(起きる時間であれば、寒い時期はゆっくり目、暑い時期は早めといった感じ)

 

だけど、季節に合わせた過ごし方を知っておくと、できるだけ工夫をしよう!と意識することができる。

 

わたしの場合だと

  • 暑い時期は活動的に、寒い時期は休息の時間をたっぷり取る
  • 野菜やフルーツや旬のものを食べる

シンプルにこの2つはいつも意識していることです。

 

日々の食生活で意識していることはこちらでも書きました

M-beauty
1970.01.01
M-beauty
https://m-beauty.site/2019/06/12/yin-yang-foods/
美肌スキンケアと体質改善の美容辞典 By漢方美容家 入江円香 

 

 

鎮痛剤を必要以上に飲んでいると冷え性になる人が多い

 

美容の仕事を長くしてきたことで、たくさんの女性達のカラダを拝見してきましたが

生理痛や頭痛などで鎮痛剤を常用している方のカラダには「ある特徴」がありました。

 

それは、冷え性。

 

鎮痛剤は痛みを取ってくれる反面、血管を収縮させ温かい血液が流れにくくなるので

それが積み重なった結果、冷え性になってしまったケースをたくさん見てきました。

 

わたし自身も昔はひどい生理痛だったので、同じく鎮痛剤が手放せなかったけど

冷え性を克服したら、今では鎮痛剤を飲むことはなくなりました!

冷え性も日々の過ごし方で変えられますよ!

 

漢方はサプリ感覚ではない

 

鎮痛剤だったら漢方のほうが良さそうだし、カラダに悪くないってイメージを持ちがちですが

漢方理論では、漢方薬で全てを良くしようと考えではなく

 

あくまで食べ物、季節に応じた日々の過ごし方をベースにカラダを整えるやり方が7割

漢方薬は3割程度で、不調に対応するというもの。

 

当たり前ですが、サプリメント感覚・自己判断で飲むよりも

  • 主治医にきちんと診断してもらい、指示をもらった上で飲む
  • 漢方やカラダの知識を持ち、日頃から健康な体を作っておく

これが、大事なことだなと思っています^^

 

病院で言われた「こんなこと」
20代だったある時。

昔から行っている病院で「そろそろ漢方飲んでみたら?」とお医者さんから勧められたことがあったけど

今改めて勉強し直すと、なんとなく飲むことではないことが良く理解できるというか。。

自己判断は良くないですが、なんでもホイホイ鵜呑みにしないで、自分の軸を持っていたいなと思いました

 

まとめ

 

いかがでしたか?

このブログに書いたことは、わたしにとって基本中の基本のこと。

 

応用編や次のステップもありますが、まずはここに書いてあることで

カラダの土台を整えるのがオススメです!

次のステップにご興味がありましたら、ぜひメルマガも読んでみてくださいね!

 

 

美肌つくりと体質改善、とっておきの方法はメルマガで配信中!

美容エステキャリア20年の経験で身につけた

  • 素肌からきれいな肌を作る方法
  • オトナ女子にありがちなカラダの不調整える方法
  • オモテには書けないプライベートウラ話

盛りだくさんの情報をメルマガでお伝えしているので、見た目も内側からもきれいになりたい方はぜひ登録してくださいね!

お名前 
メールアドレス

You May Also Like

Leave a Reply


上の計算式の答えを入力してください